Webライター

2021年Webライターの需要 将来はどうなる?

2020年からWebライターのお仕事を始めた人は多いのではないでしょうか?
クラウドソーシングを見れば、単価の安い案件ばかり。
さらに、1つの応募に30名以上のライターが提案している状況。これは、競争が激しくなっている証拠です。

これからWebライターはどうなっていくのか、不安になる人もいると思います。

しかし、2020年のデータによると、これからもWebライターの需要は増えていきます。
Webライターの人口も増えている状況では、どんな将来性があるのか解説します。

Webライターの需要はこれからも増えていく

スマートフォンを使えば、どこにいても商品が買え、情報が簡単に手に入る今。気が付くとタブレット端末やスマートフォンを見ている、スマートフォンをいつも持っている人は多いでしょう。
2020年はなかなか外出ができず、インターネットを使う時間が長くなっています。

どんなことにインターネットを利用しているのでしょう。

Webマーケティングは拡大の傾向がみえる

引用:MMD研究所 2020年 12月調査 「2020年版:スマートフォン利用者実態調査」

この調査によると、動画配信サービス、ネットショッピング、つぎにゲームなどの利用が増えています。
家で楽しく過ごすためにエンターテインメントが多く利用されている。また外出せずオンラインショッピングを利用する人も多くみられます。

このことから、スマートフォンやコンピューター、タブレットを使うことが日常になり、Webマーケティングが重要になっている現状がうかがえます。

さて、Webマーケティングとはなんでしょうか?

Webマーケティングとは、

  • ECサイト
  • ブログ
  • SNS(Twitter、Facebook、Instagram)
  • 動画サイト
  • Webサイト
  • メルマガ
  • セミナー

などを使って、人が集まるように情報を提供し、最終的には購入する行動を促す仕組みをいいます。

SNSを使っていて、広告が表示されるのはこの仕組みを使っているからです。
なんとなく、クリックしたことがある人もいるのではないでしょうか。

コンテンツを魅力的にすることが、カギ

インターネットを利用する人が増えると、充実した企業のホームページやブログが重要になってきます。
近年は、多くの企業が自社のブログサイトを開設しています。競争が激しくなると、良質のコンテンツにだけ集客され、魅力がないとクリックされなくなってしまいます。

集客できないと、売上もあがらない。その状況を改善するためにウエブサイトなどの向上が求められる。

魅力的な、読みたくなるコンテンツを作るために、企業がコンテンツを制作する場合と、フリーランスなどのWebライターへ依頼する場合がでてきます。
企業が通常業務の合間にライティングをするよりは、SEOがわかっている専門のライターへ依頼したほうが、確実に集客できるということです。

また、企業がこれからの予算を増やすと、アンケート結果もでています。

38%の広告マーケティングの予算を増加する結果があるのは、どんな意味があるでしょう。

引用:ad tech tokyo 「2021年企業が注力するマーケティング」調査レポートより

これからは、Webライターがさらに求められる

企業は、ますますWebマーケティングを強化。
このデータからみると、ソーシャルメディアや企業のブログ、ホームページの充実を図っていくと予想されます。

検索上位に表示されなければ、集客できない。それは、これからのWebライターはただ記事を書いているだけでは、「仕事がない!」ということが起きるかもしれません。
どんなWebライターに将来性があるのでしょうか?

特別なWebライターに将来性がある

これからは、特別なWebライターに仕事が増えていく。

  • 分野の専門性をもつ
  • クライアントに提案ができるような力が必要
  • 構成ができ、SEOを理解し、集客できる実績がある
  • 新しいことに挑戦する意欲をもっている

現状のままでは、安い単価の案件ばかりで収入を増やすのは難しくなります。
継続できるクライアントと良好な関係を保つこと。ブログ・noteをポートフォリオとしてアピールし、検索上位にできるWebライターに仕事が集まってくると思われます。

需要は増えていく、その中であなたはどんなWebライターになりたいか、考えていく時かもしれません。

まとめ

Webライターのこれからは、明るい。需要は増えていくと思われます。
しかし、ただ記事を書くだけのWebライターでは収入を増やす、案件を獲得することは難しくなります。

・分野の専門性をもつ
・提案できるような力をつける
・構成ができ、SEOを理解して、集客できる方法を知っておく
・新しいことに挑戦する意欲をもつ

このような、特別なWebライターになり、高単価の案件を受注できるようになることが必要です。
そして、継続して仕事の案件を受注できるWebライターが求められています。

スポンサーリンク

-Webライター