ブログ

コンタクトフォーム7 スパム対策 すぐ出来る2つの方法

なんだか迷惑メールが届くようになった。
対策はないかなぁと思っていませんか?

私の始めての問い合わせメールが「迷惑メール・スパム」でした。
かなりがっかり。
そのスパムメールは英語のメールで同じ日に2通も届きました。
そこでこの対策をすぐに実施。
それからスパムメール(迷惑メール)はこなくなりました。

今回ご紹介するスパムメール対策は簡単にできます。

コンタクトフォーム7を使っている方の対策を2つご紹介します。
早速とりかかりましょう。

コンタクトフォーム7に承認確認チェックボックスを設定

コンタクトフォーム7に承認確認チェックボックスを設定すると

  • チェックボックスに✓を入れるまで送信できない。ご操作がなくなる
  • スパムメール対策はあまり効果がない
  • ユーザーには少し不便

コンタクトフォーム7に全く何も対策をしなければ、スパムメールは送られてしまいます。
効果は少しですが、対策はしましょう。

私の使っているエックスサーバーでも、承認確認チェックボックスの対応をすすめています。
【注意喚起】WordPressプラグイン「Contact Form 7」などのメールフォーム(問い合わせフォーム)の仕様を悪用したスパムメール配信行為への注意喚起、ならびに対策のお願い

2020年3月頃より、
「Wordpress」における「Contact Form 7」などのメールフォーム(問い合わせフォーム)プラグインの使用を
悪用したスパムメール配信行為が急増しています。

スパムメール配信行為を放置すると、

・メール受信側で迷惑メールと判定される
・メール受信側で受信数の制限がかかり、メールが届かなくなったり、届きにくくなったりする
・Webサイトやドメイン名が危険な情報を配信していると判定される

エックスサーバー WordPressプラグイン「Contact Form 7」スパムメール配信行為への注意喚起

自分のwebサイトに影響を起こしてしまうので、スパムメール対策は放置しないで対策しましょう。

step
1
「コンタクトフォーム7」をクリック

コンタクトフォーム ➡ 編集 をクリック

step
2
承認確認チェックボックスを設定する

次に、どの位置に承認確認チェックボックスを設定するかカーソルをあわせます。

この場所が違うと、おかしいところにチェックボックスを設定しています。

step
3
「承認確認」をクリック



ここでチェックボックスを追加していきます。

「承認確認」をクリックします。

クリックすると
「acceptance acceptance-792] … 「/acceptance]が入力される。

…のところに 【サイト規約に同意、承諾の上で送信します。】

などの任意の文章を入力します。

【保存】をクリック


これで「お問い合わせフォーム」に承認確認チェックボックスを設定できました。

コンタクトフォーム7にreCAPTCHA(v3)を設定する

スパムメール対策にコンタクトフォーム7にreCAPTCHA(v3)の設定がおススメです。

reCAPTCHAは、スパムメールやその他の嫌がらせからあなたを守ります。
インテグレーションモジュールを使えば、スパムボットによる不正なフォーム送信を遮断できます。

Contact Form 7 reCAPTCHA (v3)より

reCAPTCHAのコードを取得する

reCAPTCHAはGoogleが提供している無料のセキュリティ対策です。
Googleのアカウントがあれば、すぐにサイトキーを取得できます。
Googleのアカウントをもっていない場合は、作成してください。


step
1
Google reCAPTCHAのサイトで登録・取得する

Google reCAPTCHAの【v3 Admin Console】をクリック


  • ラベル(自分でわかりやすい名前をつけます)
  • re CAPTCHA v3に✓をいれます
  • あなたのサイトドメイン名を入力します。
    (https://kaerunohi.com/ ➡ kaerunohi.com と入力)
  • メールアドレスを入力
    (メールアドレスが表示されていたらそのまま、追加があれば入力します。)
  • reCAPTCHA利用条件に同意する ✓をいれる
  • 送信 をクリック



サイトキーとシークレットキーが発行されます。
このコードをコピーしておきます。

reCAPTCHA プラグインをダウンロードする

お問い合わせ ➡ コンタクトフォーム ➡ インテグレーションに 
サイトキー・シークレットキーを入力する方法がありますが、
この方法だとサイトのすべてのページにreCAPTCHAバッチが表示されてしまいます。
目次のボタンと重なったりするので、プラグインを導入する方法をご紹介します。

step
1
reCaptcha プラグインをインストールする

【Invisible reCaptcha for WordPress】を 有効化する。

step
2
セッティングを 設定を入力する

  • サイトキーを入力
  • シークレットキーを入力
  • 言語 ➡ 日本語 を選択
  • ポジション  インライン(Inline) を選択
  • 変更を保存 を クリック


reCAPTCHA を確認方法)



【v3 Admin Console】➡ 【※のようなマークをクリック】

【re CAPTCHAのキー をクリック】



次のページにあなたのサイトキー・シークレットキーが表示されます。
ここでコピーをしておきます。

step
3
WordPress の設定

【WordPress】をクリック

表示される4つ 全てに✓をいれる
変更を保存 をクリック

step
4
Contact Formsの設定

コンタクトフォームに連携させます。

最初のコンタクトフォームのところに✓をいれる

変更保存 をクリック


これで、完成です。

以下のようにお問い合わせフォームのみに reCAPTCHAが表示されます。

reCaptcha プラグインをインストールしたくない場合は、コンタクトフォームから設定できます。
インテグレーションのセットアップ方法もご紹介します。


お問い合わせから reCAPTCHAを設定 (プラグインなし)

reCAPTCHAプラグインを使わず、問い合わせから設定する方法です。

簡単に設定ができます。
この設定は、すべてのページにreCAPTCHAのバッチが表示されます。


step
1
インテグレーションから設定 


お問い合わせ ➡ インテグレーション をクリック

【インテグレーションのセットアップ】をクリック

step
2
サイトキー・シークレットキーを入力 


サイトキー・シークレットキーを入力
変更を保存します。

コンタクトフォームの登録は必要ありません。

以前はコンタクトフォームに登録が必要でしたが、現在は右下に表示されるようにかわっています。


「私はロボットではありません」のチェックボックス)が不要になっています。
フォームタグももう用済みです。

CONTACT FORM7 reCAPTCHA (v3)

まとめ

お問い合わせフォームから届くスパムメール対策を2通りご紹介しました。

迷惑メールが届いてあなたのサイトの評価がさがっては本当に困ります。
簡単に対策出来るので、すぐに対応しましょう。
あなたのサイトでスパムメール対策がされていると、ユーザーも安心して訪問してくれるでしょう。

スポンサーリンク

-ブログ
-,