Webライター

文賢は4日間無料お試しができる!購入前に使ってみよう

「文賢」を使ってみたい、しかし料金が高くて購入に踏み切れない。
そうなんですよね。初期費用11,880円、月額2,178円(税込)少しお値段が高いです。

そう思っている人は、まずは4日間の無料トライアルをしてみましょう。
返品は出来ないものだからこそ、一度使ってみてから購入するのがおすすめ。

それに、文賢の魅力は校正はもちろん、文章の読みやすさ、わかりやすさを高める機能「推敲」。
これは他にはない機能です。
この記事では4日間のお試し方法をご紹介します。ぜひ、使ってみてください。

また他の有料校正ツールも知りたいかたには、こちらを参考にしてみてください。
有料校正ツール3選。何が無料校正ツールと違うの?

文賢 4日間無料お試し方法

【文賢】公式サイトへ

文賢のお試しは4日間。
体験期間は少し短い気がしますが、初期費用10800円を払っていいかなと実体験で納得できます。
では、どうしたら無料トライアルできるのか。

文賢オンライン説明会を受講しよう

文賢では「文賢オンライン説明会」が毎月2~3回あります。
トライアルまでの流れは、


オンライン説明会を受講する ➡ お試し用アカウントが発行される ➡ 文賢を4日間トライアル

他には無料お試しはないので、ぜひ「文賢オンライン説明会」を受講して体験してみてください。
体験すると「文賢」の良さを実感できます。


文賢オンライン説明会に申し込む

最初に文賢 ホームページからオンライン説明会の日程を確認します。

【文賢】公式サイトへ

オンライン説明会 日程 2021年 13:00~14:00

1月12日(火曜日)19日(火曜日)26日(火曜日)
2月2日(火曜日)9(火曜日)16日(火曜日)
3月2日(火曜日)9日(火曜日)23日(火曜日)
4月6日(火曜日)22日(木曜日)27日(火曜日)
5月11日(火曜日)18日(火曜日)25日(火曜日)
6月8日(火曜日)29日(火曜日)
7月6日(火曜日)13日(火曜日)20日(火曜日)27日(火曜日)
8月3日(火曜日)24日(火曜日)31日(火曜日)
9月7日(火曜日)14日(火曜日)21日(火曜日)28日(火曜日)
10月5日(火曜日)12日(火曜日)19日(火曜日)26日(火曜日)
11 月 2 日(火曜日) 9 日(火曜日) 16 日(火曜日) 30 日(火曜日)
12月7 日(火曜日) 14 日(火曜日) 21 日(火曜日)
2021年11月 現在

文賢 オンライン説明会 詳細

Peatixからオンライン説明会を申し込む
参加人数 10名限定
無料
Zoom使用
1時間の説明会
10分間~5分間の質疑応答

文賢オンライン説明会の開催が今のところ、平日の13時からとなっています。
お仕事をされている方は少し受講が難しいかもしれません。

さらに参加人数が10名と限定。
すぐに満席になるのでお早めに申し込みしましょう。

Peatixでチケットを申し込む

文賢のホームページ ➡ Peatix

Peatix-Bunken

オンライン説明会日程(イベント)希望の日 クリック

チケットを申し込む クリック

チケット枚数を選択 ”1”

Peatixを利用したことがない場合は、「新規登録」

【ログイン】します

ログインすると以下の画面になります。
チケットの内容を確認しましょう。

文賢 オンライン説明会を受講する

文賢 オンライン説明会を受講しましょう。

ZOOMを使って、文賢の使い方などを説明されます。
その都度質問に回答されますので、気軽にチャットに書いてみましょう。

注意

文賢 無料オンライン説明会中のアンケートに必ず答えてください!

アンケートの「文賢のトライアルアカウントの発行を希望しますか?」を「はい」と答える

このアンケートに答えると文賢のお試しができるようになります。

メールを受信する


受講後、【案内メール】が以下の内容で届きます。

  • 文賢ユーザーログイン
  • メールアドレス
  • パスワード

確認後、すぐにお試ししましょう。

4日間無料トライアルをする

案内メールから文賢へログイン

文賢で試してみる

  • 校閲をトライアル
    (誤字脱字チェック、商標、話し言葉など)
  • 推敲支援をしてみる
    (助詞 の・がなどのチェック、「です」、「します」が何度も使われていないかの確認など
  • 文章表現の確認
    (表現が魅力的か、他にも言いかえができるか)
  • アドバイスで最終確認をする
    (公にしても著作権などの問題がないかなど)

文賢 4日間無料お試し レビュー

4日間の無料お試しは、日数が短い。
できれば一週間ぐらい使いたいですが、期間が短いからこそもっと使いたくなるのかもしれません。
今回の4日間のお試しで感じたこと

  • 自分の文章の特徴を少し理解できました。
  • 「です」を何度も使うので、面白くない文章になっている。
  • 「~こと」をよく使う
  • 文章表現で使う言葉がいつも同じ。魅力的ではない。
  • 助詞の使い方がまだ理解できていない。間違っている。
  • 固有名詞 YouTubeなど、商標と同じではない
  • 話し言葉を書いている。

この4日間、自分の文章をたくさん「文賢」で確認しました。
使い方は本当に簡単、便利。
AIに教えてもらっている感じです。

自分で校正していた時間が文賢と使うとかなり短縮できました。
これは【時間をお金で買う】ツール。

自分の文章に校正のチェックがない時は、なぜかうれしかったです。

文賢はアップデートを今でもされています。
AIなので時には間違いもある。
すべてをAIまかせにしないことも注意すべきかと感じました。

まとめ

文賢の4日間お試しは、購入前に体験ができるのでおススメです。
他に無料体験はないので、オンライン説明会を受講する方法がゆいつトライアルできる方法です。
値段が高めなので最初に購入するか悩んでしまいますが、お試しができれば、その悩みはすぐに解決できます。

オンライン説明会の日程があなたの都合にあうともっと参加しやすくなるかなと感じます。
文賢は時間をお金で買える、賢いツールです。

【文賢】公式サイトへ

スポンサーリンク

-Webライター
-