Webライター

WebライターがTwitterを活用するメリットは?

Webライターを始めて執筆に時間がかかる上に、Twitterを発信するかどうか迷っていませんか?

Twitterはたった140文字。ブログのように調べてから記事を書くのとは違い、Twitterの短い文章であれば続けやすい。
さらにTwitterの魅力は、最新の情報がすぐに得られること。本とは新鮮さが違う!1分前の投稿といった感じで同じWebライター仲間の状況がわかるコミュニケーションツールです。

さらにフォロワーを増やせれば権威性がもて、仕事の獲得がしやすくなります。

今回は、Twitterをするメリットやプロフィールの書き方、仕事を獲得する方法をご紹介します。

WebライターがTwitterをするメリット

Twitter メリット

WebライターがTwitterをするメリットは、4つあります。

  • Webライターの仕事情報が得られる
  • Webライター仲間を見つけられる
  • Webライター案件を直接獲得できる
  • 文章の上達ができる

Webライターは仕事をする上で、Twitterを使うとメリットが多くあります。
では詳しく説明していきます。

Webライターの仕事情報を得られる

Twitterは、Webライターとして活動している人の日常が見られます。
1日に執筆している文字数や挑戦しているジャンルについて、案件獲得の方法、文章を書く秘訣などが発信されています。

本でもWebライターの情報は得られるのでは?と思うかもしれません。しかし、本の出版には企画、執筆、編集、校正などの工程があり、時間がかかるため、今起きていることとは少し時間差がありますね。

今あなたが悩んでいる問題がTwitterの中にヒントとして見つけることもできます。

仲間と交流でき、つながれる

Twitterで発信すると、「いいね」がもらえたり返信コメントに共感した感想が得られます。
LINEやFacebookとは違う、今まで出会わなかった仲間と簡単に繋がり楽しい。

このようにTwitterで交流すると、モチベーションアップにつながったり、「頑張ろう」と励まされたりして孤独だと感じなくなります。

まずは「Webライターを始めました!」とツイートしてみてください。
きっと「いいね」の反応が返ってきますよ。

文章の上達になる

Twitterで書ける文字数は140文字。 わかりやすく、伝わる文章を書く要約の練習になります 。

140文字と聞くと、文字数の少なさから簡単だと思ってしまいます。
しかし。意外に難しい。私の場合始めた当初は、言いたいことをまとめることに、かなり時間がかかりました。

短くすることは、推敲にも似ています。無駄な言葉を省き、伝わるように書く。さらに誤字脱字に気を付ける練習にもなるのです。
140文字の短いからこそ、続けやすい文章を上達する練習方法の1つです。

Twitterのデメリット

Twitter デメリット

Twitterを始めてみようと思った時に気を付けることがあります。
情報を獲得するために始めたのに、こんなはずではなかったということもあるため、Twitterを始める前にデメリットを知っておきましょう。

見ているだけで楽しい

執筆中に「ポーン」とTwitterの通知音がなって、スマートフォンをながめていたら、いつの間にか時間が過ぎて執筆が予定通りに終わらなかったことがあるのではないでしょうか。

Twitterは興味のある情報や、動物のかわいい写真などがたくさんあり見入ってしまいます。
見ているだけで楽しい。
しかし、時間は24時間しかありません。執筆の時間や子供がおられる人は育児や家事など他にも時間が必要ですね。

無駄に時間を過ごさないように、Twitterを見る時間制限を設けます。
また、Twitterの通知音がならないようにすることも有効です。

忙しいWebライターの仕事にも集中できるよう、時間管理をしましょう。

何を発信していいか悩む

Twitterでツイートする時に、まず悩むのが何を書いたらいいか。
こんなことを書いてもいいのかな?笑われないかな?と思ってしまうかもしれません。

まずは同じ仲間とつながるために、Twitterで発信する内容は、Webライターについて書きます。
今日はリサーチをしたことや本を読んだ感想、案件を獲得する方法工夫などで大丈夫です。

共感する内容だと、「いいね」がかえってきます。 最初は「いいね」の反応がないかもしれませんが、気落ちせずどんどん発信していきましょう。
発信するうちにどんなことに「いいね」がもらえるか分かるようになります。

仕事の獲得ができるTwitterの使い方

Twitterで案件獲得

Twitterを使うとWebライターの仕事が獲得できます。
仕事を獲得する前の準備や仕事に応募する方法を説明します。

プロフィールであなたが誰かを伝える

Twitterのプロフィールを見てください。
誰だか見ただけでわかりますか?何をしている人なのか書いていますか?

まずは一言「Webライター」と書きましょう。それだけで、何をしている人か想像がつきます
同じWebライター仲間の情報を得たいと思っているので、プロフィールに書いてあると交流しやすくなるからです。

私の場合、「このツイートいいな」と思った時、どんな人かプロフィールをクリックしたくなります。
そこで同じ仕事をしている人や興味がわく人であればすぐにフォローしやすい。だからプロフィールに何が書いてあるかが重要ということなんです。

さらに、Twitterで仕事に応募する時にも、あなたのプロフィールが見られています。
どんなことができる人なのか、資格や実績を書いておきましょう。
わからない時は、フォローの多い人のプロフィールを参考にするのもいいですね。

編集者やメディアと繋がっておく

将来Webライターの案件をTwitterで獲得するために、編集者さんやメディア、ディレクターさんのTwitterをフォローしておきます。
編集者さんやメディアで仕事の募集ツイートがあった時に見逃さないためにもつながっておきましょう。

Twitterで仕事案件を獲得するのが不安という人もありますね。
詳しい会社情報が見えない。そのためにフォローしておきます。Twitterの発信を見ていたら、どんな人なのか人柄も見えてきます。

お金が関わることなので、慎重に見極めて応募するためにも編集者さんやメディアさんとつながっておくことが大切です。

案件募集の探し方

案件を探す方法をご紹介します。


#ライター募集」を入力。


ツイートを見ていくと、応募条件などが書かれたものが見れます。

ライター募集

応募する前に募集している人のツイートを読みましょう。どんな内容で発信しているか、どんな人なのかを見極めます。
会社名があれば、調べてみましょう。(確実にお金の支払いができるかを判断する)

その後でDM(ダイレクトメッセージ)から応募します。ポートフォリオがあれば添付。
※応募文は直接書く前に、Wordやスプレッドシートなどに下書きをしてからすると失敗せず送信できます。

Twitterのダイレクトメッセージを解放する

いつでもTwitterのダイレクトメッセージ(DM)で連絡がとれるようにしておきます。
Twitterを始めた時には、DMは相互フォローしている人だけ連絡がとれるように設定されています。

仕事の依頼がフォローしていなくてもDMでメッセージを送れるようにします。

Twitter DM

プロフィールのメールの絵があれば、DMが解放されています
設定方法は以下のようにします。

DM設定方法

【PCの場合】①Twitterのもっと見る ➡ ②プライバシーとセキュリティ ➡ ダイレクトメッセージ

DM解放

すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可するにチェック ✓

【iphone・Androidの場合】
①設定とプライバシー ➡ ②プライバシーとセキュリティ ➡ ③ダイレクトメッセージ ➡ すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する

このように設定をすると、仕事の依頼を誰からでもダイレクトメッセージで受信できます。

フォロワーを増やす方法

Twitterでフォロワーを増やす


Twitterのフォロワーの増やし方にコツがあります。
なかなか増えないと悩んでいる人でもできる方法です。

共感できることを書く

Twitterで発信する内容は「共感」が大切。同じ気持ちだと思えると「いいね」をしたくなるからです。

文章術の役に立つ発信も「いいね」をされることが多いです。
しかし、「いいね」をもらうために役立つことを探しリサーチに時間をかけてしまうと発信することに疲れてしまいます。
まずは継続するためにも、Webライターをしていて共感できると思ったことを毎日発信していきましょう。
毎日はムリ!な場合は、1日2~3ツイートで十分です。

ネガティブな発信は控えて、共感できる内容を発信します。

反応を研究する

Twitterで「いいね」やツイートされるのは、何が多いか研究します。
あなたのフォロワーさんが求めている情報は何か、反応がなかったツイートは何かと判断できます。

Twitterに無料の「アナリティクス」で誰でも分析できます。

【アナリティクスで分析できること】

  • 自分が発信したツイートの数がわかる
  • 「ツイートインプレッション」自分のツイートが何回見られたかがわかる
  • プロフィールを見られた回数がわかる
  • 自分のツイートにコメントされた数がわかる
  • フォロワー数の増減がわかる
  • どの発信が一番多く見られたかがわかる

アナリティクスで毎月の分析が見られます。
しかし、先月からのフォロワー数の増減がグラフで見られないことや、自分が望んでいる属性のフォロワーが増えているか詳しくわかりません。

Twitter アナリティクス


おススメのTwitter解析ツールにSocialDog があります。

SocialDog


フォロワーの増減グラフや個人個人のフォロワーが見える、相互フォローの人数やアカウントまで見られる便利なツールです。
フォロワーを増やしたい!フォロワーの分析をしたい人に有効です。7日間の無料お試しができます。

まとめ

WebライターがTwitterをすると、執筆の情報を得られ、仕事案件の獲得につながり、仲間と情報交換ができます。
さらにフォロワーが増えると権威性ができるため、仕事の獲得がしやすくなるうえ、自分で商品を作って販売することもいつかできそうですね。

「いいね」で励まされる、仲間が増えるうれしいことばかりのTwitter。
自分の負担にならない程度で楽しく、毎日続けていきましょう。

スポンサーリンク

-Webライター
-,