広告 Webライター

【5万円以下まとめ】おすすめライター講座で一歩差をつける!

ライターのお仕事は、初期費用が少なく気軽に始められます。しかしいざ始めてみると、案件(仕事)がなかなか獲得できないことや執筆に時間がかかってしまって収入が少ないなどの悩みがでてきます。

ライターの悩みを解決するには、有料のライター講座を受講することをおすすめします。独学でライター活動をしながらスキルを磨く方法もありますが、ライターの有料講座は基本を学び直したり、先輩ライターの今まで得られたスキルを学べたりできて、スキルアップする近道になります。

まずは少ない予算で受講できるライター講座を受講してみましょう。この記事では、5万円以下で受講できる有料ライター講座をまとめています。ぜひあなたに合った有料ライター講座を見つけてみてください。

ライター講座を初心者が選ぶときに重視する点

さまざまなライター講座を選ぶときに、何をポイントにして選べばいいか迷ってしまいませんか?
ライター講座を選ぶ際に、重視するポイントを以下にまとめてみました。

講座を選ぶときに重視する点

 ・定員数で選ぶ
 ・費用で選ぶ
 ・添削があるかで選ぶ
 ・オンラインかオフラインで選ぶ
 ・受講期間、受講回数で選ぶ
 ・カリキュラム内容(受講後の最終ゴール)で選ぶ
 ・返金保証、アフターサポートがあるかで選ぶ

定員数で選ぶ

マンツーマンまたは5人以上のグループ受講では、質問できる回数やひとり一人を丁寧に指導が受けられるなど定員数が違うと異なったメリットがあります。
主なメリットを以下にまとめました。

マンツーマン受講のメリット
  ・急な日程の変更ができる
  ・質問はいつでも、何回もできる
  ・丁寧に指導が受けられる

5人以上のグループ受講のメリット
  ・他の受講者の意見(添削)から学べる
  ・お互いに励ましながら学べる
  ・仲間ができて継続しやすい

マンツーマンと5人以上のグループ受講は、どちらも異なったメリットを考えてからライター講座を選ぶとよいでしょう。

費用で選ぶ

講座選びに費用は重要なポイントです。
経済的な負担をかけすぎてしまっては、生活に影響が出てしまいます。多く費用を使ってしまって元が取り戻せなければ、ライターの仕事を続ける気持ちがなくなる場合もあるかもしれません。

貯金を崩して先行き通しをするのか、ライターで稼いだお金を使うのか、ゆっくり考えてからライター講座を選びましょう。

添削を受けられる

ライター講座を受講する目的の中で、文章のスキルを磨きたいと考えている人は、添削を受けられる講座がおすすめです。
実際に案件をしながら、フィードバックを頂いて学ぶ方法もありますが、全てのクライアントさんからフィードバックを頂けるとは限りません。多くの受講者が受けている講座であれば、校正担当の人もいて初心者ライターで仕事をまだ初めていない人でもプロの目線でフィードバックをもらうことができます。フィードバックは貴重な経験で、どのクライアントさんが下さるとは限らないため、「文章スキルを磨きたい」「自分の文章がよいのかわからない」と思う人は、ぜひ添削を受けられる講座を選びましょう。

オンラインかオフラインで選ぶ

オンライン講座の場合、自宅や好きな場所から移動せず受講でき、交通費がかからずコストを抑えられます。
着る服にこだわらずに受講できる気軽さや地方や海外に住んでいても、東京や遠くの講義場所でも受講できる柔軟さがあってさまざまな講座を受講できる便利さがあります。

オフライン講座の場合、指定された場所へ行く必要がでてきて、初めての場合どの場所か探す必要があったり、交通費がかかったりします。その反面、直接会って受講できるため、講師の方や受講者の仲間と気軽に話しかけられるチャンスがあって親近感が湧くことがあるでしょう。

受講期間、受講回数で選ぶ

ライター講座は、1回限り講座や半年間を掛けて受講していく講座があります。
期間の短い講座は、予定が立てやすくて、短期間でポイントを押さえたい人に向いています。

半年などの期間が長い講座は、ゆっくり学習をすすめたい人におすすめです。長期的に学びたいか、短期間で学びたいか、家庭の事情や仕事の都合などスケジュールを考えて講座を選ぶとよいでしょう。

カリキュラム内容(受講後の最終ゴール)で選ぶ

ライター講座は、カリキュラムが大きく違うものがあります。
あなたが何を課題にしているのか、どのスキルを磨きたいかをよく考えてからどの講座がよいかを考えて受講しましょう。
主なカリキュラム内容をいくつか以下にまとめてみました。

  • Webライターの基礎を学ぶ
  • ライティング力を磨く
  • SEOライティングを学ぶ
  • 編集スキルを学ぶ

返金保証、途中解約、受講後のサポートがあるかで選ぶ

ライター講座を受講してみたけれど、思った内容と違ったり、講座のカリキュラムについていけなかったり、受講を継続する都合が合わなかったりしたときに、途中解約ができる講座なら安心できます。

受講後も質問ができる・動画を視聴できれば復習や疑問点を解決できます。ライターの経験を積むと悩みは変わってきます。受講後のサポートがある講座なら、コミュニケーションもとりやすく悩みを打ち明けやすい場所ができて案件に取り組みやすくなるでしょう。

ライター講座を受講するメリット・デメリット

ライターの仕事は、本やYouTubeで学習することはできます。実は独学で学ぶ場合と有料講座で学ぶ場合と、スキルアップの早さは変わってきます。お金を払ってまで講座を受ける必要があるのかと疑問に思っている人は、メリットとデメリットを知ってみて判断してみてください。

ライター講座のデメリット

ライター講座のデメリットが2つあります。1つ目は、費用がかかること、2つ目は講座を受講する時間が必要になることです。メリットを知る前にデメリットから紹介します。


費用がかかる

本やYouTubeを利用すれば、費用もかからず独学で学べます。独学でしていると、自分の文章のスキルがわかりにくいや悩みを解決できにくいことがあります。たとえば講座は3万円台のものから高額なものでは30万円以上もする講座もあります。費用はかかりますが、知らなかったスキルやあなたの記事の添削をして客観的に学習できる内容もあって、スキルアップがしやすくなります。無料では得られない情報が多くあるため、費用がかかります。10万円などまとまった費用がかかる講座では、分割払いもあるので高額の講座を受講したい場合は、分割払いを利用してみるといいでしょう。

受講する時間が必要

講座を学ぶ時間を作らなければ、課題提出や学習が進まなくなります。ライター活動でも多くの時間が必要なうえに、副業ライターなら本業の時間に拘束されることや家族がいれば家族との時間も必要ですね。なかなか自分の時間が持てない人は、講座を受講しても途中で受講期間が過ぎてしまったという場合もでてくるでしょう。

私は副業でライター活動をしています。本業と家族の時間、子育てなどがあり本当に毎日が忙しく、案件の納期に間に合わない時には睡眠時間を削って執筆するときもあります。

講座を受ける時間を作るために一日のスケジュールを確認してみましょう。ライター活動の時間と講座を受講する時間のバランスを大切に考えてから、余裕をもってできるときに講座を受講するといいですね。

ライター講座のメリット

  有料ライター講座は、お金を払うからこそあなたの知らないスキルやツールの使い方などを知ることができます。お金を払う価値があるのか疑問に思う人はぜひ、メリットを知ってみてください。

継続しやすい

ライター講座は、受講期間が決められています。独学で学習する場合、「この本を読んで学習しよう」と思っていても、仕事が忙しくて学習が進まず先延ばしにしがちです。一人で学習するのは続けられない人にはライター講座はおすすめです。

添削で文章を客観的に見られる

案件を納品した際に修正をいただく機会がある方は、文章のクセや読みやすい文章は何かを気が付いたことがあるのではないですか。

修正やフィードバックは、ライターさんにお願いすると時間がかかる、思った通りの文章に修正されないこともあるので、全てのクライアントさんが修正やフィードバックを下さるとは限りません。

添削が受けらるライター講座なら、自分の文章のレベルに気が付きやすくなります。第三者だと客観的に文章を見られるため、文章のレベルアップができます。ライターのプロの目線で添削される機会は、数少ないチャンスなのでぜひ一度は講座を受けてあなたの文章力を上げる機会ししてみましょう。

有料ライター講座 9選

今回はライター講座で5万円以下をまとめています。初心者ライターやライターをまだ始めていない人に費用負担が少ない講座です。主な講座はライターの基礎が学べる講座が多く、初めての案件をするのに不安がある方はぜひ受講をしてみてください。

ココナラ

ココナラ

ココナラは、「知識・スキル・経験」を売り買いできるスキルマーケットとして、イラスト・デザイン・ライティング・動画編集などさまざまスキルを出品され、購入できます。
ライティングの出品数は84件以上あります。マンツーマンからグループ講座が選べ、講座費用は1,000円から200,000円(税抜き)以上と手軽な価格です。対面やオンラインで講座が開かれています。
講座を申し込む前に、出品者のプロフィールを読むこと、受講者の感想を読んでみると受講前のイメージがわきます。

Udemy

Udemy

Udemyは、買い切り方の講座です。一度購入すると何度でも視聴できて、パソコンやスマホで視聴できるため場所を選びません。講座によって、資料をダウンロードできるものもあります。

講座の価格は、27,000円(税抜き)や5,600円(税抜き)などさまざまですが、新規受講生キャンペーンやセールを利用すると1,800円(税抜き)などの価格で購入できます。おすすめの購入の方法は、レビューを読んでみると参考になります。

たのまな Webライティング講座

出典:たのまな

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」Webライティング講座は、日本クラウドソーシング検定協会の公式テキスト本を使って学習を進めていきます。ライター初心者向けの講座のため、Webライティングの知識がなくてもわかりやすく学べる講座です。教材本で学習できるので、直接本に書き込んだり、本を持ってカフェで学習したりできるのがいいところですね。

講座の最終目標は、WEBライティング技能検定試験に合格することです。模擬試験を3回無料で受講できる特典があるので、練習する気持ちで試験に挑戦できます。残念ながら添削はありません。

講座費用は、初回 3,560円(税込)2回目以降 月々3,300円(税込)×9回 ※計10回払い 

【一括払い 32,000円:分割払い:トータル費用 33,000円(税込】

WEBライター講座(ユーキャン)

出典:ユーキャン

WEBライター講座(ユーキャン)はライター初心者向けの講座で、ライティングの基礎やSEOの基礎スキルも学べる講座です。10分ごとの動画視聴とワークブックで学習できます。添削回数は3回あるので、文章のスキルアップも目指せます。

標準的な学習期間は1カ月ですが、3カ月間動画視聴や3ケ月間のサービスを受けられます。
一括払い 19,000円、分割払い1,980円×10回(税込み)ワークブックの送料は、ユーキャンの負担です。
申し込み後の解約・返金はできません。

「Webライター」オンライン講座(フラウネッツ)

出典:フラウネッツ

フラウネッツ「Webライター」オンライン講座は、ライターを目指す初心者が基礎を学びながら、検索の仕方や記事の書き方などを習得していきます。1講座は30~40分となって、合計12講座を3ケ月の期間になります。講座のカリキュラム内容は、ライティングの基礎力の確立、リサーチ方法や取材記事やコラム記事の書き方までが学べます。

毎月1日 開講となっているので、講座を申し込む場合は、受講を始めたい月の15日までに申し込みをする必要があります。
講座費用:20,000円(税込 22,000円)(全12回) 支払い方法は、クレジット決済または銀行振込
受講期間は3カ月、延長は1カ月までです。

WEBライター deおうちワーク認定講座

出典:おうちdeワーク

WEBライター deおうちワーク認定講座は、ライター未経験者が文章力とWebライティングの基礎を身につけて、仕事を獲得するまでを学べる講座です。講座はオンラインで、動画を視聴しながら学びます。
講座のコースは以下に分かれています。

入門コース初心者向け(基本を簡単に学べる)約90分+個別相談3,300円(税込)
じぶんで学べる動画コース初心者向け(動画で基本を学びながら、「認定WEBライター」資格の取得を目指します。)約1か⽉+個別添削32,780円(税込)
プロライター養成コース+コミュニティ学習時間12時間以上(全6回) じぶんで学べる動画コースを含む 個別添削
実践的なスキルと認定プロライターの資格が取得できる,卒業⽣限定コミュニティに3ケ月無料
学習時間12時間以上(全6回)298,000円(税込)
日本おうちワーク協会

Webライティング【入門】講座 デジハリ

デジハリ Webライティング入門

デジタルハリウッド株式会社のWebライティング【入門】講座は、Webライティングの基礎を学び、SEOの知識を深めてWeb制作者を目指します。講座の講師は、株式会社グリーゼ 取締役の福田 多美子さんです。Webマーケティングサービスをしている株式会社グリーゼは、Webメディアの立ち上げやコンテンツ制作を手掛けています。Web業界を知っている方から学べる講座です。

講座は全動画を視聴すると約11時間です。約2ヶ月(9週間) 受講費用:41,800円(税込)

SHE likes

出典:SHE likes
女性による女性のためのクリエイティブスクール【SHElikes】

SHElikesは、定額制で学びたいコースを選んで、学び放題できる講座のシステムです。
SHEの拠点で学ぶまたはオンラインで学ぶのどちらかを選択できます。お仕事を獲得するためのサポートもついています。

  • ライティング入門コース  受講期間1~2ケ月 3レッスン  ライター初心者向け 基礎知識や取材力を学ぶ
  • Webライティングコース  受講期間2~3ケ月 4レッスン  SEO、セールス、エッセイなどの書き方を学び、インタビューライターやWebディレクターを目指す
  • コピーライティングコース 受講期間1~2週1間 1レッスン  コピーライターの基礎を学ぶ

講座費用 全レッスン受け放題の『受け放題プラン』

12カ月プラン12,334円/月(13,567円税込)
6カ月プラン14,134円/月(15,547円税込)
1カ月プラン14,800円(16,280円税込)
全レッスン受け放題の『受け放題プラン』

講座費用 月に5回までレッスンを受講できる『月5回プラン』

12カ月プラン8,167円円/月(8,984円税込)
6カ月プラン9,134円/月(10,047円税込)
1カ月プラン9,800円(10,780円税込)
月に5回までレッスンを受講できる『月5回プラン』

入会金 12カ月払い 13,230円/月(14,533円税込) (一括 税込 162,800円)

WEBライターコース【中級】・【上級】みんなのカレッジ

みんなのカレッジ

クラウドワークスで学べるオンライン講座に、WEBライターコース【中級】WEBライターコース【上級】があります。
どちらも動画教材で学び、課題と通して文章のスキルを磨くコースです。 仲間と一緒に学べるコースのため、継続が苦手な人にはモチベーションを維持しやすい講座になります。学びながらチャットで仲間と交流できる、楽しくWebライターの知識を身につけられます。


  ・WEBライターコース【中級】 メンターあり(課題添削・フィードバックを受ける。最終目標はWEBライター検定2級合格。)
                 受講期間:4週間 受講費用:16,500 円(税込)検定代込

  ・WEBライターコース【上級】メンターあり(課題添削・フィードバックを受ける。最終目標はWEBライター検定1級合格。)
                受講期間:3週間 受講費用:16,500 円(税込)検定代込

まとめ

ライター講座は、受講期間や費用、カリキュラム内容、最終目標などがあります。何を学べばいいかわからない場合は、費用が少ない5万円以下で学んでみるとよいでしょう。
独学で学ぶより費用はかかりますが、講座を受講すると今まで知らなかったスキルや文章のレベルアップを時間をかけずにできます。気になった講座を見つけて、ライターのスキルアップをして案件獲得につなげましょう。

-Webライター
-, ,